採用情報

ホーム > 採用情報

採用について

採用について海洋資源調査船には、以下の職制の乗組員が乗船しています。
当社は、各職制とも、適宜人材を求めています。
詳しい情報は、右側にある新卒・中途採用ページをご覧ください。

航海士

調査計画に基づき気象・海象をはじめ、安全情報などを考慮して調査船の運航にあたります。
また探査機器の投入揚収などの甲板作業の指揮も行います。
調査作業に重要な船位情報の品質管理も航海士の大切な仕事です。
航海士

機関士

機関の運転保守整備、甲板機械・電気機器の保守整備を行い、燃料・潤滑油類等の管理を行います。
さらに、観測用ウィンチ等の観測機器の運転保守整備も行います。
また、故障した観測・探査機器等の補修も行います。
機関士

通信長兼事務長

無線設備の運用保守整備、入出港及び人員の乗下船手続き、船内LAN・メールの管理、調理及び供食など、乗船者が船内で生活を円滑に行えるよう様々な業務を行っています。 通信長兼事務長

甲板部員

航海士の指示の下に航海当直、探査機器の投入揚収等をする調査補助作業、船体保守整備作業を業務としています。 甲板部員

機関部員

機関士の指示の下に機関当直、観測用ウィンチ等の運転保守整備をします。
溶接、旋盤の技術を活かし機材の簡単な修理を機関士の指示で行います。
機関部員

司厨部員

乗船中の船員、調査員に対して美味しく栄養のバランスや、カロリーを考慮した食事の提供をしています。 司厨部員

運用士

探査機器の運用保守、調査団へ提供する基礎データの作成などを行います。また、調査作業に関して本船と調査団との調整を行います。
専門の調査・保守員のほかに、各部の職員・部員も交代で担当します。
保守担当職員
採用情報
採用について
新卒採用
中途採用
社員からのメッセージ
採用についてのQ&A
採用情報 採用情報の詳細はこちら
採用情報

当社は、熱意のあふれる社員を募集しています。持てる能力を十分に生かして日本の海底鉱物資源開発の一翼を担い活躍をしたい方からの応募をお待ちしています。

ページの先頭へ