採用情報

ホーム > 採用情報 > 採用についてのQ&A

採用についてのQ&A

Q1. 勤務形態について

A1. 連続の乗船勤務となります。
当直勤務若しくは日勤となりますが、勤務時間は1日8時間です。
必要に応じて時間外勤務が発生しますが、時間外勤務手当を支給します。

Q2. 休暇について

A2. 年間休日120日を分割して付与します。
基本的には3〜4ヶ月連続乗船勤務、1〜2ヶ月陸上休暇のサイクルとなります。

Q3. 航海の日数について

A3. 約30日間、無寄港で調査航海をします。
寄港地では、3〜4日間停泊して、燃料・食糧等の補給や機器整備、乗組員の交代や休養に充てています。

Q4. 船内の居住について

A4. 調査航海には、調査研究員と乗組員併せて50〜70人乗船します。
乗船人数によって変わることがありますが、基本的に居室は一人部屋です。

Q5. 寄港地やドック中の生活について

A5. 停泊作業の状況にもよりますが、寄港地で1日は休日を与えるようにしており、乗組員は休日を利用して観光や買い物を楽しんでいます。

ドックには毎年2月から3月の間に約6週間入りますが、乗組員はドックが用意したドックハウス等に宿泊しながら日勤作業に従事します。
ドック期間中の休みの日には、家族を呼んで(補助費支給)観光や団らんを楽しんだり休養をとっています。

Q6. 研修制度について

A6. 公務に必要な資格等の取得については、会社が全額費用負担しています。

Q7. 応募に当たっての必要書類について

A7. 新卒採用の応募には、履歴書、成績証明書、健康診断書、推薦書、卒業見込証明書を提出頂きます。
中途採用の応募には、履歴書、乗船経歴書、健康診断証明書、海技免状等の資格の写しを提出頂きます。
運用士の応募については、採用担当者にご確認ください。

採用情報
採用について
新卒採用
中途採用
社員からのメッセージ
採用についてのQ&A
採用情報 採用情報の詳細はこちら
採用情報

当社は、熱意のあふれる社員を募集しています。持てる能力を十分に生かして日本の海底鉱物資源開発の一翼を担い活躍をしたい方からの応募をお待ちしています。

ページの先頭へ