採用情報

ホーム > 採用情報 > 社員からのメッセージ

社員からのメッセージ

三等航海士 佐藤 剛(平成24年5月1日入社)

三等航海士 佐藤 剛 入社3年目になります。白嶺には、次席三等航海士や運用士として乗船しています。
航海士としては、航海当直に入り、調査の準備や記録、集計、投入・揚収作業等を、また、一等航海士の指示の基に、清水や物品の管理も行っています。
運用士としては、調査機器の運用や保守整備を担当し、航海ごとに音響機器の運用やデータ処理、ROVのオペレーションを行うこともあります。

航海当直は航海士2名で入るため操船の機会が少ないですが、航海計器の操作や調査の記録等もあり多忙です。特に調査機器の投入・揚収作業時はワッチ以外の時間に作業が入るため、長時間の緊張状態を強いられますが、調査がうまくいくと大きな喜びがあります。

運用士として乗船すると24時間体制で調査を行うこともあるため、長時間連続で作業をする場合もあります。体力的には厳しい部分もありますが、調査機器の運用ができ、調査員と関わる機会が多いため、他の船では経験できないことがたくさんあり、やりがいを感じます。

乗船中もワッチ以外の時間帯では自由時間があり、本を読んだり、DVDを見たりしてリラックスして過ごすことができます。また制限はあるもののインターネットも使えるため、陸上の家族や友人と連絡を取ることもできます。食事も乗船中の楽しみの1つで、ビュッフェ形式でいろいろなものが食べられます。

調査航海は長いものでも1ヶ月程度で、月に1度は補給や交代のために寄港します。停泊中には仲の良い乗組員と、食事や、飲みに行ったりできるので、航海中とは違った楽しさがあります。

白嶺では、航海士だけではなく、運用士として調査機器の運用もできるため、調査に関わる仕事がしたい方、調査に興味のある方、どちらの仕事もしてみたい人方にはお勧めです。

三等機関士 波多野 元気(平成24年10月1日入社)

三等機関士 波多野 元気 就航1年目の白嶺に初めて乗船してから早くも1年半が過ぎ、合計で12ヶ月間乗船しました。

白嶺は、最新鋭の調査船であり、多数の調査機器を搭載した電気推進船で、初めて乗船したときは見慣れぬ装置に驚き、感動した一方で、仕事に対しては不安でいっぱいでした。

1年目は、次席三等機関士として8−0直に入り、ボイラーや電気関係、空調装置、冷凍装置、造水装置など補機器を担当しました。船が南下・北上する際には船内の温度を快適に保つため、気象の変化に悩まされながらも奮闘しました。

現在は、観測用ウインチ担当機関士の補佐として観測用ウインチの操作や整備を行い、調査中にはウインチの機側にて運転状態を監視しています。1年前には制御室でモニターを通して見ていたものを実際に間近で見ていると、この調査が日本の海底資源開発に深く関係しているという実感が沸いてきて仕事に誇りを感じます。

一般商船と比べると仕事の内容も少し異なりますが、機関士としての仕事だけでなく調査関係の仕事にも携わることができ、とても魅力的な仕事です。

1航海は1ヶ月程度で、寄港地での停泊時間も長く、観光したり、同僚と飲みに出たりと楽しみはたくさんあります。また、船内環境も非常に整っており、遠い海の上にいても家族や友人と電話やメールで連絡を取ることもでき、快適に生活することができます。仕事が終われば、明るく楽しい先輩方とお酒を交えて有意義な時間を過ごすこともできますし、娯楽室には貸出用のDVDや図書が置いてあるので日常生活で飽きることはありません。

仕事も私生活も楽しく、そしてなによりやりがいのある仕事です。海底資源や調査船に興味がある方にはお勧めです。

甲板員 川下 凌太(平成25年4月1日入社)

甲板員 川下 凌太 私は、入社して2年目になります。入社してからの1年間は長いようで短かったような気がします。

初めて乗船した時、何をしたらいいのかわからない自分に対して、先輩方が仕事や船内生活のことなど沢山のことを丁寧に教えて下さいました。今でもわからない事や、覚える事は沢山ありますが、今度は自分が後輩に教えることが出来るようになるために頑張っています。

調査船というのは特殊な船舶であり、様々な調査作業を行うため、覚える事が沢山あって大変ですが、海底の泥や鉱物を実際に見ることができるので、調査機器が船上に上がって来る時はとても楽しみです。まだまだ自分が知らない調査が沢山あり、新しい調査が始まるたびにとてもワクワクします。

私は甲板部員で、船体整備や甲板作業、調査補助作業が主な仕事です。調査機器の投入・揚収作業では大型機器などを扱うため、様々な危険があり、一人一人が声を出し、周りを見ながら安全に作業をしています。

「白嶺」は船内設備が充実しており、一人部屋で、インターネットや船舶電話などができるので、航海中でも家族や友達と連絡を取ることができます。

海洋資源や調査活動に興味がある方には、調査船「白嶺」をお勧めします。

司厨員 藤田 亮平(平成24年3月1日入社)

司厨員 藤田 亮平 私は、中途採用で入社しました。調理師免許は持っていましたが、調理経験ほぼゼロで司厨部員として働き始め、それまでとはまったく違う環境の中、驚くほど早く1年目が終わり、気づけば2年目。ようやく業務内容や全体の流れなどが分かってきて、少し、落ち着いて働けるようになりました。

入社当時、一番不安だったのは、それまでほとんど料理をしていなかった事でした。しかし、その不安は先輩方から色々な作業の基本、船特有の事などを教えていただき、すぐに解消しました。また、私は普通の料理の基本すら知らなかったので、包丁の扱い方から料理の味付け、盛り付け方なども少しずつ教えて頂き、休暇中には料理本を買って勉強し、1年目が終わる頃には日々のメニューにも少しずつ対応できるようになりました。

料理は、実際に繰り返しやってみないと、なかなかうまくなれず失敗もよくしますが、ひとつひとつの作業を理解してくると、次はどうすれば良いのかなども自然と考えられるようになりました。まだまだ日々の調理作業で関わっていない事が幾つもありますので、これからも色々と経験させていただきながら勉強しようと思っています。

今、2年目を迎えて一つ不安なことがあります。それは、船内の食事がバイキング形式で、自宅にいる時よりも色々な物が食べられるため、ついつい食べ過ぎてしまう事です。気づけば体重が入社時よりも「+10kg」になってしまいました。さすがに危機感を感じ、体調管理も仕事の一つと思ってバランス良く食べ、適度な運動を心掛けています。

乗船中は、大変な事も多いですし制限があるのは当然ですが、それ以上にやりがいがありますしたのしい事もあり、いろいろな体験もできます。居住スペースも1人部屋なので、かなり快適でストレスもあまり感じません。
今まで何度か転職を経験しましたが、本当に良い職場に出会えたと感じています。

「白嶺」は調査船ですので、調査用の機材がたくさんあります。司厨部は直接調査に関係する部署ではありませんが、調査作業をモニターや甲板から見ていて面白そうだと思います。

船や海底調査に興味がある方や普通の事よりも色々な体験をしたい方にはとても魅力的な職場です。

運用士 東 洋一(平成25年1月1日入社)

運用士 東 洋一 陸上の測定器メーカー、制御機器メーカーで電気系の開発エンジニアに10年間携わり、海洋技術開発株式会社へ中途入社し、1年が過ぎました。

「白嶺」には、電気メンテナンス担当として乗船しています。業務内容は調査機器、音響機器、映像関連機器のメンテナンス、トラブルシューティング等で、幅広い分野の電気の知識が必要となります。

入社するまでの陸上での経験からは、随分とかけ離れた業務や、初めての船上生活で不慣れなことが多々ありますが、今後の日本の未来を背負う国家事業の海洋資源調査に電気のエンジニアとして携われることに、やりがいを強く感じています。

通常は、1〜2ヶ月乗船して1ヶ月休暇というサイクルで、今までに経験のないような長い休暇がありますので、その時間を利用して旅行や温泉巡りを楽しんでいます。また、航海中に船上から見る風景は陸上では見ることができない景色ばかりです。特に、南鳥島付近の夜空の星の輝きの強さ、星の数の多さには度肝を抜かれました。

現在、陸上で働いている人も、別世界で電気の技術を生かしてみてはいかがですか?

採用情報
採用について
新卒採用
中途採用
社員からのメッセージ
採用についてのQ&A
採用情報 採用情報の詳細はこちら
採用情報

当社は、熱意のあふれる社員を募集しています。持てる能力を十分に生かして日本の海底鉱物資源開発の一翼を担い活躍をしたい方からの応募をお待ちしています。

ページの先頭へ